矯正治療をはじめる時期

小児期の矯正治療

永久歯が生えそろう前に、矯正治療をはじめるケースがあります。この時期から矯正治療をはじめる目的には、大きく2つのことが挙げられます。

最初の目的は、身体の成長を利用することです。身体の成長を利用することによって、アゴ骨のサイズを大きくしたり、上下の位置関係を整えたりすることができます。

もう1つの目的は、正常な口腔機能を獲得することです。呼吸や飲み込み動作が正しくできるようにすることで、子供は健全に成長することができます。

  もっと詳しく見る  

中学生・高校生の矯正治療

中学生・高校生になる頃には、永久歯がすべて生えそろった格好になります。また、矯正治療で加えるチカラに対して、歯が最もスムーズに動くのもこの時期の特徴です。

そのため、中学生および高校生の時期は、本格的な歯列矯正を行ううえで最適なタイミングといえます。

  もっと詳しく見る  

成人の矯正治療

母親の歯の健康は、子供の歯の健康に大きな影響をあたえます。お子さんが小さい時期に、母親自身が歯列矯正することは子供の発育にとって良い効果があります。

たとえば、母親からお子さんへの虫歯菌の感染リスクを低くする効果や、お子さんの発音機能が正しく身に付く効果です。

  もっと詳しく見る