小児期の矯正|虫歯をつくらせない矯正治療

矯正装置を装着すると、虫歯が発生するリスクが極端に高くなります。なぜなら、矯正装置があると、歯磨きが極端にむずかしくなってしまうからです。

インターネットで口コミサイトを除いて見ると、「矯正したら装置の周りが白くなってしまった・・・」「歯が欠けてボロボロになった・・・」など、矯正治療したことが原因で悲惨な結果になった方の話を多く見つけることができます。

ブラケット周囲の歯が白濁した様子

かなお矯正・小児歯科クリニックでは、矯正治療中の虫歯発生を防ぐために以下のことを積極的に行っています。そして、ほとんどの方が虫歯を発生しないカタチで、矯正治療を無事に完了しています。

矯正治療中に虫歯をつくらせないための方針

・シンプルな矯正装置を使用する

・矯正治療の治療期間を短くする

・矯正治療中の予防処置を徹底的に行う

シンプルな矯正装置を使用する

矯正装置をつけると、虫歯のリスクが高くなってしまいます。その最大の理由は、矯正装置があると歯磨きができなくなるからと考えられます。

矯正装置がはいると、食べカスや歯垢(しこう)が残りやすくなってしまいます。そして、複雑な装置がはいったり、大きな装置がはいったりすると、歯ブラシも当てにくい格好になるからです。

そのため、私たちのクリニックでは、子供の矯正治療を行う際には、できるだけシンプルな装置をできるだけ小範囲に使用するようにします。

そうすることによって、歯磨きができない部分や歯垢が溜まりやすい部分を可能な限り少なくするのです。

矯正治療の治療期間を短くする

矯正治療の治療期間を短くすることも、虫歯を発生させないためには非常に有効です。

なぜなら、矯正装置を短期間で取り外すことができれば、歯磨きを正常に行うことができるようになるからです。

矯正治療の期間を短く済ませるためには、「適切なタイミングで治療を開始すること」および「効率の良い治療方法を選択すること」の2つが非常に重要です。

たとえば、お子さんのアゴ骨を大きく拡大する必要がある場合、使用する矯正装置の種類やチカラを加える時期によって治療効果が大きく異なります。

そのため、矯正治療中に虫歯を発生させないためには、矯正治療を開始するタイミングや方法について十分考慮する必要があるのです。

矯正治療中の予防処置を徹底的に行う

①虫歯菌のコロニーを破壊

虫歯菌のコロニー(=集団居住地)を定期的に破壊することによって、虫歯ができにくい体質に変えることができます。

そのため、矯正治療の調整を行う際には、口の中の虫歯菌のコロニーを徹底的に清掃します。エアフローを用いて虫歯菌のコロニーができにくい体質にすることで、効果的に虫歯予防することができるのです。

→ 歯垢が付きにくい体質を手に入れる

②歯をコーティング

矯正治療中、ブラケットの周りの部分は極端に虫歯が発生しやすくなります。そのため、ブラケットを装着すると同時に、歯のコーティングを行います。

コーティングすることによって、歯垢が付きにくくなるだけでなく、虫歯菌がだす酸による影響を抑(おさ)えることができるようになるからです。

③虫歯菌を除菌

虫歯の危険度が極端に高い状態で、矯正装置を口の中につけることは厳禁です。なぜなら、そのような状態の口の中に矯正装置がはいると、虫歯の危険度はますます悪化するからです。

そのため、虫歯の危険度が極端に高いケースでは、虫歯菌の除菌を行います。虫歯の危険度を十分に抑制したあとに、矯正治療を開始するのです。

一般的な予防処置

・フッ素塗布

・フッ素洗口

・歯磨き指導

・シーラント処置

・飲食の指導