非抜歯矯正|永久歯を抜かない矯正治療

「口元はキレイにしたいけど、永久歯はできるだけ抜かずに矯正したい・・・」と、考えている方は多いのではないでしょうか?

実際、「よその矯正歯科に相談に行ったら、抜歯がいるといわれた・・・」「非抜歯矯正はやっていますか・・・」などの問い合わせを当クリニックにしてくる方は少なくありません。

なぜ、患者が希望しているにもかかわらず、非抜歯で矯正することができないのでしょうか?それは、非抜歯で矯正をしようとすると、治療が極端に難しくなるケースが多いからです。

そして、非抜歯で矯正するためには、奥歯を後方移動するなどの特殊な治療を余計に行う必要があるからです。そのため、抜歯して行う矯正治療より、装置が余分に必要になったり、治療期間が長くかかったりしてしまうからです。

非抜歯矯正治療が難しい2つの理由

理由1|奥歯の後方移動

永久歯を抜かずにデコボコの歯並びを整えたり、前歯を引っこめたりするためには、奥歯を後方に移動することが必要です。

奥歯を後方へ移動することによって、前歯をキレイに並べたり、前歯を引っこめるためのスペースをつくりだすのです。

奥歯の後方移動を正確に行うことは、簡単ではありません。矯正治療の中でも、最も難しい治療の1つとされています。

なぜなら、奥歯を後方移動しようとすると、奥歯が傾くだけの格好になってしまったり、前歯が前方に飛び出てしまったりということが起こりやすいからです。

そのため、非抜歯矯正で治療できるケースというのは、デコボコが比較的軽度の歯並びや、前歯の突出が比較的軽度のものに限定されていたのです。

理由2|日本人の骨格

実は、西洋人の場合に比べて、日本人を非抜歯矯正治療で治療することは非常に難しいのです。

なぜなら、日本人のアゴ骨は、非常に不利な骨格をしているからです。日本人のアゴ骨は、西洋人のものと比較して奥行きが極端に短いのです。

そのため、奥歯を前後的に整列したり、奥歯を大きく後方へ移動したりすることが難しくなるのです。

非抜歯矯正治療のための最新技術

インビザライン

「インビザライン(Invisalign®)」は、世界でもっとも信頼性の高いマウスピース矯正システムです。インビザラインを用いることによって、非抜歯矯正治療できる可能性が高くなります。

なぜなら、インビザラインを用いれば、奥歯の後方移動を確実に行うことができるからです。、インビザラインで矯正すると、ワイヤーを用いて矯正するよりも非抜歯で矯正できる可能性が高まるのです。

➡ 「インビザライン」についての詳細はこちらをご覧ください

カリエール

カリエール(Carriere®」は、奥歯を後方移動するための専用装置です。

このカリエールを用いると、奥歯を短期間で、しかも大きくに後方に動かことができます。

そのため、中等度もしくは重度の歯並び異常のケースでも、永久歯を抜歯せず、しかも短い治療期間で矯正治療できるようになるのです。

➡ 「カリエール」についての詳細はこちらをご覧ください

オルソパルス


「オルソパルス(OrthoPulse®」は、骨細胞を活性化するための光学機器です。

矯正治療中の歯にオーソパルスの光を当てることによって、歯根の周りの骨細胞を活性化することができます。

骨細胞が活性化することによって、歯の移動速度が早くなるだけでなく、歯の移動距離を大きくすることができるのです。

➡ 「オルソパルス」についての詳細はこちらをご覧ください

 

重要|抜歯しておこなう矯正治療も必要です

マウスピース矯正を行うことによって、歯を抜かずに矯正できる範囲が大きく広がりました。

そのため、当クリニックでもできるだけ歯を抜かずに行う「非抜歯矯正治療(ひばっしきょうせいちりょう)」を行うようにしています。

しかし、口ゴボくちごぼ」や「出っ歯」などが原因で口元の極端な突出が問題になっている場合、まったくの別問題です

なぜなら、口元の突出がコンプレックスになっている場合、その口元の問題を最優先に解決すべきだからです。

口元の突出を改善するためには、前歯を大きく引っこめる必要があります。前歯を大きくさげるためには、犬歯の隣にある歯を抜く必要があります。

前歯を大きく後方移動するためのスペースを、永久歯を抜歯することによってつくり出す必要があるからです。

このように、患者さんの希望や悩みの種類に応じて非抜歯矯正治療を選択したり、抜歯する矯正治療を選択したりする必要があるのです。