一般的な矯正治療のながれ

①初診カウンセリング(所要時間:30分)

最初に、問診票を記載してもらいます。記載してもらった問診票をもとにして、矯正治療についてのカウンセリングを行います。

初診カウンセリングの費用は、3千円です。ただし、電話またはネットで事前に予約すると、初診カウンセリング費用は ”無料” になります。

  もっと詳しく見る  

②精密検査(所要時間:60分)

口腔内写真、頭部レントゲン、歯列模型、顎運動等の検査を行います。精密検査の際には、検査料2万円が必要です。

また、精密検査については、初診カウンセリングと同日に行うこともできます。

ただし、当クリニックでは検査することを急かしたり、強要したりすることは決してありません。そのため、どなたも安心して来院していただけます。

   もっと詳しく見る  

③治療方針の説明(所要時間:30分)

精密検査の結果をもとにして、治療方針および治療期間について詳しく相談します。治療方針を説明する際には、費用は発生しません。

④矯正治療開始(所要時間:30分)

「矯正治療をはじめる」との意志決定を確認した後、矯正装置を取り付けたり、矯正装置をつくるための準備をはじめたりします。

そのため、この矯正治療の準備を開始した時点から、矯正治療費が発生します。

また、実際の矯正治療については、治療方針の説明を行った当日からスタートすることができます。

ただし、当クリニックでは矯正治療開始することを急かしたり、強要したりすることは決してありません。そのため、どなたも安心して来院していただけます。

⑤矯正装置の調整(所要時間:30〜60分)

矯正装置の調整は、毎月1回の頻度で行います。この時、調整費用4千円が必要になります。

また、矯正装置を調整する際には、虫歯の予防処置も同時に行います。そのため、診療時間が少し長くかかることがあります。

  もっと詳しく見る(小児)     もっと詳しく見る(中学生・高校生)  

⑥矯正治療完了後は保定処置へ(所要時間:15〜30分)

矯正治療が完了後した後は、リテーナーを用いながら保定処置を行います。
6月に1回程度の頻度で、2〜3年間は必ずチェックを行う予定です。

矯正治療の開始確認について

矯正治療の開始については、「矯正治療を開始する」との明確な意志表示を確認してからおこないます。

ただし、治療方針を聞いた直後に、矯正治療を開始するか否かの意志決定を示す必要はありません。自宅に持ち帰って、家族でじっくりと相談したうえで判断していただければ結構です。

矯正治療の治療期間について

矯正治療の治療期間については、第一期治療もしくは第二期治療にかかわらず、おおむね2年を想定しておいてください。

ただし、難しい治療のケースや噛むチカラが極端に強い場合、2年の治療期間を超えることが予想されます。

また、お子さんの成長を観察する期間と矯正治療後の噛み合わせの安定をはかる期間については、2年の治療期間の中に含まれていませんのでご了承ください。

保定期間について

「保定期間(ほていきかん)」とは、矯正治療後の歯並びや噛み合わせを維持することを積極的に行う期間のことです。そのため、矯正治療が終了しても、その後に2〜3年の保定期間が必要になります。

矯正治療中のように頻繁に通院する必要はありませんが、年に1〜2回の割合で歯並びと噛み合わせの状態を確認する必要があります。