インビザライン|世界で最も信頼性の高いマウスピース矯正システム

「アソアライナー」「イークライナー」「アクアシステム」など、世界中には複数のマウスピース矯正システムが存在します。

複数あるマウスピース矯正システムの中でも、当クリニックでは「インビザライン」を採用しています。

なぜなら、インビザライン・システムは、他のマウスピース矯正システムを圧倒するシステムだからです。現存するマウスピース矯正システムの中で、最も優れたシステムであり、最も安全なシステムであると判断できるからです。

マウスピース矯正の中には、安価という理由から粗悪なマウスピース矯正システムを使用したり、マウスピースを自作して使用したりする歯科医院もあるので注意が必要です。

そのため、マウスピース矯正をはじめる際には、どのマウスピース矯正システムで歯列矯正を行っているのかについてよく確認したうえで矯正相談に行くようにすることが大切です。

インビザラインが最強のマウスピース矯正システムである理由

理由1|圧倒的な信頼性

「インビザライン・システム」は、米国のアライン・テクノロジー社が提供するマウスピース矯正システムです。

1998年に提供開始して以来、インビザライン・システムによるマウスピース矯正治療を受けた方の数は、すでに420万人を突破しています (2016年12月現在)。これほどまでに治療実績があり、また、治療データが蓄積されたマウスピース矯正システムが他に存在するでしょうか?

そのため、インビザライン・システムは、単に治療結果だけでなく、治療の安全性においても他のマウスピース矯正システムを圧倒するシステムであるといえるのです。

理由2|圧倒的な適応範囲

インビザライン・システムは、あらゆるタイプの矯正治療が可能です。

たとえば、「ガタガタ歯並び」だけでなく、「出っ歯」や「受け口」などさまざまな噛み合わせ異常に対応できます。また、歯を抜かず矯正する場合だけでなく、歯を抜いて積極的に前歯を引っこめる場合の矯正にも用いることができます。

このように、あらゆる噛み合わせ異常に対応できるマウスピース矯正システム、もしくはあらゆる治療法に対応できるシマウスピース矯正ステムは他にはありません。

そのため、インビザライン・システムは、適応範囲が圧倒的に広いマウスピース矯正システムということができるのです。

理由3|圧倒的な正確性

インビザライン・システムにおける歯の移動は、コンピュータ上ですべてプログラミングします。

そして、コンピュータ上でプログラミングしたとおりに、歯並びや噛み合わせを仕上げることができます。プログラミングと実際の口の中との誤差は、わずか0.1mm以内です。

ブラケットやワイヤーを用いる従来型の矯正治療では、治療結果をこれだけの精度で予測することはできません。しかし、インビザライン・システムでは可能なのです。

そのため、現在 どの矯正治療法の中でも、インビザライン・システムは最もキレイに仕上げることができる治療法、または最も細かに調整することができる治療法といえます。

治療前の口腔内 

治療結果の予測

治療後の口腔内写真

インビザライン矯正で使用する矯正装置の特徴

インビザライン矯正で使用する矯正装置は、透明なマウスピースです。自分自身で取り外しすることが可能なため、食事や歯磨きも今までどおり行うことができます。

ただし、食事や歯磨き以外の時間は、このマウスピースをしっかり装着しておくことが大切です。きちんと装着することによって、キレイな歯並びと噛み合わせに仕上げることができます。

特徴1|見えない矯正装置

インビザライン矯正で使用する矯正装置は、透明なマウスピースです。実際に近くで除いてみても、矯正装置をはめていることがほとんど分かりません。

そのため、ブラケットやワイヤーを用いる従来の治療法とくらべて、周囲の人にはほとんど見えない格好で矯正治療を行うことができます。

特徴2|歯にやさしい矯正装置

インビザライン矯正で使用するマウスピースは、非常に柔軟性(じゅうなんせい)があります。そのため、歯に対して極端に強いチカラがかからない格好になっています。

そのため、ブラケットやワイヤーを用いる従来の治療法とくらべて、圧倒的に痛みが少ないカタチで歯列矯正を行うことができます。

 

特徴3|取り外しできる矯正装置

インビザライン矯正で使用するマウスピースは、自分自身で取り外すことができます。そのため、食事や普段の歯磨きもこれまで通り行うことができます。

そのため、ブラケットやワイヤーを用いる従来の治療法とくらべて、日常生活の負担が圧倒的にない格好で歯列矯正を行うことができます。

 

インビザラインで治療するメリット

特徴1|治療中のトラブルが圧倒的に少ない

インビザライン矯正は、ワイヤーを用いる従来の治療法とくらべて、治療中のトラブルが圧倒的に少ない治療法です。

インビザライン矯正では、取り外し可能な矯正装置を使用するからです。そのため、ワイヤーを用いる治療法のように、装置が外れたり壊れたりする心配がないのです。

特徴2|治療効率が圧倒的に良い

インビザライン矯正は、ワイヤーを用いる従来の治療法とくらべて、治療効率が非常に良い治療法です。

インビザライン矯正における歯の移動は、コンピューターですべてプログラミングして行うからです。

そのため、ワイヤーを用いる治療法と比べて、インビザライン矯正では2/3〜1/2ほどの治療期間で歯列矯正を完了することができます。

特徴3|非抜歯矯正できる可能性が高い

インビザライン矯正は、ワイヤーを用いる従来の治療法とくらべて、非抜歯矯正に有利な治療法です。

なぜなら、ワイヤーを用いる治療法と比べて、インビザライン矯正の方が奥歯を確実に後方移動することができるからです。。

そのため、ワイヤーを用いる治療法と比べて、インビザライン矯正の方が非抜歯矯正できる可能性が高いと言えます。

  もっと詳しく見る